ペニス増大の経過その3

ペニス増大器具<アンドロペニス>を180日間真面目に使ってみた結果

ペニス増大の経過その3

しかし、装着120日頃から、装着をやめたいと思うようになりました。

国家試験の勉強をやればやるほど、知識が全く定着しておらずヤバイということがわかり、ペニスを大きくしている場合ではないと思いました。

それでも、一度やると決めたのを途中でやめるのは嫌で、また1日9時間の装着時間を確保できるのは人生において今しかないと思い、装着を続けました。装着をやめたとしても、装着しないことで国家試験の勉強量や理解度が増えるわけではなく、国家試験の合否に影響はないとも思えてきました。

こうして残りの2ヶ月を過ごして180日の装着を終え、結果は1.9cmの伸長で、勃起時の長さ16.0cmから17.9cmにペニスが増大しました。平常時の長さと、平常時及び勃起時の太さは、測定の仕方がわからず記録しませんでした。

主観的な評価になりますが、根元の部分と、亀頭と陰茎の間の部分が目立って伸びており、隆起に角度がついて形もかっこよくなっています。長さと太さが増して、ペニスが重くて勃起しにくくなったということはありません。早漏・遅漏への影響は、時間を計ったことがないのでわかりませんが、ない気がします。

装着開始時にセックスしていた女性とセックスして1.9cmの伸長と太さの増大の感想を聞いたところ、『ズン』『ブワッ』という圧力が加わり、より体の奥の近くの芯で感じ、気持ち良さが増した」とのことでした。

複数の医師とセックスフレンドになっている女性に1.9cm伸びたことを言うと、「約2cmの伸長は女の子からするとかなり違う」と言われました。性に関して真面目な女性に同様に言うと、「大は小を兼ねる」と言われました。

180日間を通して、アンドロペニスを装着していることを言った女性の全てに笑ってもらい、よい評価を受け、悪い評価を受けたことは一度もありませんでした。

 続きを読む


ペニス増大の経過その1ペニス増大の経過その2ペニス増大の経過その3挑戦を終えてHOMEへ戻る