ペニス増大の経過その2

ペニス増大器具<アンドロペニス>を180日間真面目に使ってみた結果

ペニス増大の経過その2

困ったうちに入らないのですが勃起した状態で装着するとしばらくして抜けてしまうので、朝起きたときの勃起状態が収まるまで待って装着するのに時間がかかりました。

アンドロペニスで締め付けられていることが興奮を誘い、勃起と平常を繰り返して、慣れないうちは悪戦格闘しました。慣れてくると、アンドロペニスをしているという状態が自然になり、勃起しても気にせず勉強で気を紛らわすことを体得しました。

どうしても勃起が収まらないときは自慰をしました。

厳密に言うと、痛みというか、違和感はありました。痛みを感じる度合いは人それぞれで何とも表現し難いのですが、自分の場合、たとえば鼻毛を1本抜く痛みを1とすると、アンドロペニスの痛みは0.5くらいでした。

違和感があったときは、「おそらく成長しているのだろう」と思っていました。むしろ違和感があると順調だと思っていました。大学病院実習の手術見学などで休憩できず9時間装着したままの日もありましたが、痛みはありませんでした。

装着当初は、「4cm伸びる!1.5cm太くなる!」という期待感でいっぱいでした。装着45日頃から、説明書に書いてあった通り伸長が見られ、「本当に伸びた!」と感激しました。痛みも病気もなく、このままやれば4cm伸び1.5cm太くなるという見込みの下、さらに期待して過ごしました。

装着60日頃に大学病院実習で血液検査や献血をしたのですが、検査結果は正常で健康そのものでした。装着90日頃には伸長が1cmになり、見た目にもはっきりと伸長がわかるようになりました。

 続きを読む


ペニス増大の経過その1ペニス増大の経過その2ペニス増大の経過その3挑戦を終えてHOMEへ戻る